寒い日が続き乾燥により皮膚がカサカサして痒くてしょうがない、そんなスキントラブルをもつ方々が増えてきていると思います。
単純に「保湿剤で潤せばいい」という考えがほとんどだと思いますが、沢山ある保湿剤の中でどんなものを使ったら良いか?病院に行かずに治るものなのか?等患者さんからよく聞かれる質問についての答えをまとめてみたので皮膚の乾燥に悩んでいる方は参考にして下さいね。

まずは保湿剤の種類と使い分けからお教えします。昔からよく使われているワセリンは皮膚に油脂膜を作り体内からの水分の蒸発を防ぎ、角質を柔らかくする作用があります。カサカサしたかかとや肘に塗布するのが良いでしょう。尿素成分を含むウレパールやケラチナミン、病院でよく処方されているヒルドイドなどヘパリン類似物質含有製剤は皮膚の角質を保湿する天然保湿成分に近いため保湿力が強いです。ヒルドイドに含まれるラノリンという成分は人によってはかぶれてしまうことがあるので注意が必要です。

次にクリーム製剤とローション製剤の使い分けについてお教えします。結論から言うと保湿しやすいのはクリーム製剤と言われています。ただし角質を取り除きやすいのはローション製剤とも言われている為、単純に乾燥で皮膚が痒かったりする場合はクリーム製剤を、乾燥で粉をふくほどガサガサしている場合にはローション製剤の方が効果はあるでしょう。

保湿していても痒みが続くような場合にはドラッグストアなどで販売されているアンテドラッグ型ステロイドもオススメです。「ステロイドって副作用が強いんじゃない?」と不安に思っている方もいるかと思います。ですがステロイドの塗り薬は短期間にピンポイントで使う分には副作用は生じにくいのでその点を心がけていれば大丈夫です。ただし化膿している部位には塗らない用にしましょう。それでもステロイドに抵抗のある方やステロイドで副作用の経験のある方にはヘパリン類似物質に痒みを抑える成分を加えた塗り薬が販売されているのでドラッグストアで探してみましょう。

皮膚の乾燥による痒みの対処法について紹介しました。もし、保湿や市販の塗り薬でも全く湿疹が治らない、特に湿疹がじゅくじゅくしている、広範囲に広がっている等あれば病院に受診する事をオススメします。

私はこちらのサイトで今の仕事に転職したんですが⇒【CRCとCROの薬剤師求人の探し方※両方を経験した私の体験談】薬剤師の中でもCRC(治験コーディネータ)という仕事をしているんですが、かくいう私も冬はスキントラブルに悩まされている一人です(;^ω^)もっと手軽に使えるスキントラブル用の薬ができるといいですよね。

まだまだ寒い日が続きますのでここで紹介した事を参考に痒みに悩まされない生活を送れるように心がけましょう。