女性であれば、いつかは子供を生みたいと思う方も多いと思います。
しかし、そういった方が多いにもかかわらず、女性の検診に対して無頓着な方が多いのも事実・・・
私の場合、意識せざるを得ないことが若いうちにあった為毎年検診を行うようにしています。

事の発端は私が中学生の頃。謎の腹痛があり、盲腸の可能性があると言われ紹介状を書いてもらい少し大きめの病院を受診したときのことです。
ベテランの先生が私の腹部を触って確認した際、盲腸ではないかもしれないという診断をされ、エコーで腹部を検査すると卵巣脳腫であることが発覚しました。
その時は中学生で、性に関することは全く縁が無い年齢なので、大変驚き不安でした。
そしてこの卵巣脳腫は腫瘍が大きくならないと痛みを感じることは無いので、本当に偶然見つかったものでした。
もし腫瘍が大きくなった場合は卵巣がねじれてかなりの痛みを伴い、最悪ねじれた部分が壊死してしまう可能性もある為、早急に偶然見つかったことは本当に奇跡でした。
中学生という年齢で当時はあまりにショックが大きかったのですが、今思うと見つけてくださった先生に感謝してもしきれません。
年齢や経験は関係なく、体質によって腫瘍が出来てしまうことは多いようです。
実は思春期などにも多いので、若いうちから検査することは大切だと思います。

幸い私の腫瘍は良性で、水ぶくれのようなものだったので内視鏡で大きな傷を作ることも無く無事に手術で除去することが出来ましたが、
それでも全身麻酔を使って手術を行ったので、もしこれが悪性だったり粘性のある腫瘍だった場合最悪除去することもありえたそうです。
女性は意外と体調に何か不安が無ければそのままにしてしまうことも多いように思いますが、将来のためにも若いうちからこまめな定期健診が必要だと思います。
私も中学生のときの経験以来、意識して女性検診に参加することにしています。
少し面倒だったり費用がかかりますが、将来のことを考えれば安いものだと思います。
周囲の友人にも呼びかけるようにしていますが、もっと世の女性にも意識してもらえたら良いなと思っています。
私の姉もこの事がきっかけになり、薬剤師をしていますが、最近臨床開発にも自分のスキルを生かしたいと、転職しました。働きながら姉の条件に合った転職先が簡単に探せていたんです。
薬剤師求人CRO|調剤薬局からCROに転職した※私の体験談※